金のETFってどう?

金のETFは、東京証券取引所と大阪証券取引所にそれぞれ一つずつ上場しています。
大証の「金価格連動型上場株式投信」は、金の価格に連動する証券のみに投資することで運用する形の金のETFです。
金のETFとしては、日本で始めての上場となっています。
運用会社は「野村アセットマネジメント」です。
スタートは、2007年8月。
金のETFということで、大変注目を集めました。
金は「株価」と大きく関わることが少ないことと、小額からでもコツコツと始められるということで、初心者の方でも気軽に手が出せそうなETFとなっています。
また、「金価格連動型上場株式投信」は、ロンドンの金の価格と連動していますので、世界の状況を幅広く見るチャンスにもなるでしょう。
分散の投資の意味でも、「金」のETFは、大変興味深いものです。
金は、直接投資する場合は、さまざまなコストが考えられることと、すぐにアクションしにくいということがあります。
金のETFならば、株式と同じ取引方法で取引できますので、分かりやすく、使いやすいと言えるでしょう。
東京証券取引所の金現物連動型ETF「SPDRゴールド・シェア」は、金そのものに投資して金相場に連動するという形の金のETFです。
ワールド・ゴールド・トラスト・サービシズ・エルエルシーが管理、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズがマーケティングを担当しています。
2004はニューヨーク、2006年にはメキシコなど、世界で上場した金のETF「SPDRゴールド・シェア」は、世界でトップの商品連動型ETFとなっています。
金現物連動型ETF「SPDRゴールド・シェア」は、日本では、2008年6月に東証に上場しました。
元々日本では、金などの現物で運用するETFは法律で出来なかったため、法改正後にこのETFは無事上場となったようです。

ちなみに商品現物連動型ETFは、金のETF「SPDRゴールド・シェア」が初めてです。
厳密には、商品現物連動型のETFは「投信」ではなく「信託受益証券」なのだそうです。
といっても、大証の「金価格連動型上場株式投信」や、他のETFと同じく、信託報酬の安さが魅力的(年0.5パーセント以下)ですし、株式と同様の取引方法が出来ますので、投資家にとってはあまり大きな違いを感じないかもしれませんね。
金のETFに投資する際には、資金の分散という意味だけでなく、定額で投資時期を分散したりすることも出来ます。
分散投資のリストに金のETFを入れてみてはいかがでしょうか。